オナ電の相手を見つけて楽しむにはどうすれば良い?

どうすればオナ電を楽しめる?

オナ電は、セックスの中でも難易度が高いプレイだと言えます。
相手を見つける事自体は難しくありませんし、準備が必要なものもマイクやWEBカメラぐらいです。
ですが普通のセックスだと、やり方をよく知らなくても、本能的に抱きたいという気持ちが強ければなんとかなってしまうものです。

でもオナ電は、声や音、言葉選びで相手を気持ちよくさせなければいけません。
そのためテクニックがある程度必要になってくると言えるでしょう。
そのため初心者がいきなり、オナ電で上手に振る舞う事が出来ないので、最初から気持ちよくなる事は難しいと言えます。

1番簡単なオナ電とは、お互いにオナニーをしてその声を聞かせ合う事です。
これならテクニックはあまり必要ありません。
それに人のオナニーをしている声なんて、なかなか聞く機会がなく、声と息遣いを聞いているだけで興奮するのではないでしょうか?

ですが最初はそれで興奮しても、毎回それだと飽きてしまいます。
だから自分が今どのような状態なのか、身体の変化を言葉にして相手に伝えます。
同時に相手が今どのような状態なのか、身体の変化を言葉にして相手に伝えてもらいます。

そうする事で、お互いがイメージしやすくなりますし、さらにエッチな事を言わされているという状況にも興奮を覚えます。
それから、今度は相手に要望を伝えてみましょう。
「指を舐めて濡らしてから、あそこに指を入れてみて」というように相手にして欲しい事を伝えます。
それは指示を出すという事にもなり、オナニーの流れをコントロールする事になります。

身体の変化を口にする事、相手に指示を出す事で、かなりオナ電ノ体裁が整ってきたと言えます。
他にもいろいろテクニックはありますが、実際にどのようなテクニックがあるのかは、実戦で覚えていく方が早いと言えます。
なので初心者のうちは、相手は経験者を選び、相手のリードに任せてオナ電をする事で、相手のテクニックを習得する事につとめましょう。

オナ電ならセックスが出来ない人でも出来る

最近の若者はセックスをしない人が増えているようです。
性欲は人間の本能であって、セックスをしたくない人なんているの?と驚く人もいるでしょう。
ですが例えばプライドが高い人であれば、人前で失敗をする事が嫌で、童貞を卒業出来ない人も少なくありません。
初体験なんて上手くいかなくて当たり前ですよね。

ですが失敗して恥ずかしい自分を見られるぐらいなら、童貞のままの方がマシだと考える訳です。
他にも人間関係が煩わしいという人もいるでしょう。
人間関係の希薄化で、パソコンを介してコミュニケーションを取る事が出来ても、生身の人とはコミュニケーションを取る事が出来ない人も増えています。

この場合セックスとは、まさに究極のコミュニケーションだと言えますよね。
だから人と関わりたくないと思っている人は、面倒なセックスを拒むのです。
そもそもセックスをするためには、セックスをする相手を探す必要があり、労力がかかります。
それが面倒だと思う人もセックスは出来ません。

また潔癖症の人も増えていますが、潔癖症の人もセックスは汚れる行為だという認識なので、セックスをしない人も少なくありません。
このように様々な理由によりセックスが出来ない人でも、性欲がない訳ではありません。
なのでオナニーなど自分で処理をする必要がある訳ですが、オナ電であれば、オナニーよりも気持ちがいい上に、セックスが出来ない人でも問題なく出来るのではないでしょうか?

通話のみの関係で匿名性が守られているので、上手く出来なければ速攻で電話を切ればいいだけです。
またパソコンを使ったコミュニケーションで、相手探しもセフレを探すよりもずっと簡単に見つける事が出来るでしょう。
セックスが出来ないと、セックスなんて興味がないという態度をとってしまいがちですが、それでも内心ひそかに興味があるなら、オナ電を試してみる事をオススメします。

オナ電の相手とリアルで出会える?

オナ電の相手とリアルで出会う事は可能でしょうか?
まず普通に考えると、ハードルは高いと言えます。
なぜかというと、オナ電はリアルで会わない事を前提に知り合っている相手だからです。

リアルで会わないからこそ、安心して痴態を晒す事が出来るのです。
それにリアルで会わないからこそ、結構大雑把に相手を選んでいると言えます。
それなのに、リアルで会おうと誘われたところで、大抵の女性は躊躇してしまうでしょう。

ですがハードルは高いですが、絶対に会えないという訳ではありません。
なのでオナ電の相手と会うためのポイントについて紹介します。

まず重要な事は、相手と仲良くなる事です。
例えばメル友でもそうですが、会わない事を前提として知り合っていたも、親しくなったらこの人と会ってみたいという気持ちが芽生えるはずです。なので親しくなって相手から会いたいと思ってもらうタイミングで誘う事が成功の鍵だと言えます。

だからいきなり開口一番に「オナ電よりも実際に会ってセックスをしない?」なんて誘うのはNGです。
オナ電の相手募集のサイトで、その言動は明らかにルール違反だと言えるでしょう。
なのでオナ電はオナ電として楽しんでしまうのがポイントだと言えます。

凄く気持ちがいいオナ電をする事が出来れば、相手はオナ電でこんなに気持ちがいいのだから実際に会ってセックスをすれば、さらにすごく気持ちよくさせてもらえるのでは?
そんなふうに期待を持ってもらえます。
期待されるという事も、リアルで出会うために一歩近づいたと言えます。

あとは、1回目のオナ電ですぐに誘っても、そうそう相手の気持ちに変化は生じないはずです。
ですが何度もオナ電をして、その間に会話もして仲良くなっておけば情が生まれてきます。
なのでリアルで会おうと思ったら、とりあえず次回のオナ電のお誘いからしてみてはどうでしょうか?
そして焦らずに関係を縮めていくといいでしょう。

オナ電でもサクラは存在している

オナ電の相手を探す場合、目的はオナ電をする事です。
なので出会い系サイトと異なり、サクラなんて存在しないと思っている人もいるかもしれません。
ですがオナ電の相手を探すサイトにも、サクラが存在しています。

例えばサイト内でオナ電が出来るサイトの場合、相手に電話番号を知られる事無く通話する事が出来る利点があります。
ですがその分○分間で○○円という具合に、時間に応じて料金が発生します。
そしてサクラはこの料金を稼ぐために、一般女性を装っているのです。

でもこんなふうに思う人はいませんか?
オナ電の場合、相手の顔も姿も見えないわけです。
相手と実際に付き合いたいという気持ちもなく、その場限りでオナ電で気持ちよくなれたらいいのです。
年齢を詐称する人もいるでしょうし、プロフィールには可愛い容姿の女性の画像を貼り付けていても、実際には別人という事もあるでしょう。それでも大切な事はオナ電が気持ちよくなれるかどうかですよね。

嘘をついていても、大して支障はないのでサクラでも構わないのでは?
そんなふうに思う人もいるかもしれません。
ですがオナ電の相手にサクラを選んでしまう事は、いくつかの点からお勧めする事は出来ません。

例えばいくら相手が女性の声をしていても、本当に女性とは限りません。
むしろサクラの場合はボイスチェンジャーを使用して男の声を女の声に変換しているだけです。
自分がオナ電をした相手が実は男だったとしたら、ショックは大きすぎですよね。

それに当然ですがオナ電のサクラの目的は、オナ電を楽しむ事ではありません。
そのため実際に電話の向こうでオナニーをしている訳ではなく、相手に合わせてまるでAVのセリフを言っているだけです。
なので聴く人が聴けばすぐにサクラだと分かるほど、わざとらしいと言えるでしょう。

なので全然盛り上がらないという場合は、相手がサクラの可能性もあります。
他にもサクラは会話の中から個人情報をゲットして売ろうとしますし、何よりも無駄に通話時間を長引かせます。
そのため余計なお金を支払い、さらにトラブルに巻き込まれる可能性もあるので、関わらない方が賢明だと言えます。

LINEセックスを知っていますか?

あなたはLINEセックスについて知っていますか?
オナ電ならした事がなくても、その言葉ぐらいは聞いた事があるかもしれません。
LINEセックスも、オナ電と似ている部分がありますが、通話ではなくビデオ通話を利用してセックスをする事が出来ます。

LINEと言えば文字のやり取りをイメージする人も多いですが、LINEを使って音声通話やビデオ通話をする事が可能です。
しかも通話料は無料で、相手に知られる個人情報もIDだけなので安心感があるでしょう。
音声だけよりも、映像があった方が興奮度が高いのでビデオ通話がLINEの中でもオススメだと言えます。

LINEセックスの魅力は、スマホで簡単に利用する事が出来るという点です。
最近はパソコンを所有しない若者も増えてきていますが、若者のスマホ所有率は100%に近い数字です。
そのため誰でも気軽に利用する事が出来ると言えるでしょう。

LINEセックスの魅力は、お手軽さに加えて疑似セックスを楽しむ事が出来るという点です。
リアルのセックスであれば、見知らぬ人と2人きりで密室にいるリスクもありますし、不特定多数の相手とセックスをする事で性病に感染するリスクもあります。

そんなリスクはLINEセックスならゼロなのに、ちゃんと欲求不満は解消する事が出来るという安全性が魅力です。
それに相手の事をよく知らないという点もLINEセックスではメリットになります。

よく知っている相手であれば、自分の痴態を見せる事には抵抗感を覚えます。
ですがよく知らない相手だから痴態を見せて、相手にどう思われたって平気な訳です。
また相手がしつこい場合は、LINEでブロックをすれば相手からのLINEを拒否する事も出来ます。

相手探しは出会い系サイトを利用して、LINEセックスの相手を募集するといいでしょう。
意外とオナ電よりも、気軽に女性が応じてくれるのではないでしょうか?

オナ電は昔と比べて進化している

オナ電自体は昔から存在しています。
しかし昔のオナ電と比べて今のオナ電は進化していると言えるでしょう。

昔はオナ電をしたいと思えば、男性がテレクラの店舗へ行き、料金を支払っていました。
そして女性は無料で利用する事が出来、テレクラのお店に電話をかけるわけです。
女性からかかってきた電話を、テレクラにいる男性が受けてそこから会話がスタートし、上手くいけばオナ電をする事が出来ました。料金は店舗によって異なりますが、1時間で1800円ぐらいが相場だと言われていました。

ですが現在はネットの普及とスマホの普及に伴い、テレクラの店舗はほとんど衰退した状態です。
でもオナ電をする人口は昔と比べて増えたと言えるでしょう。

なぜかというとテレクラを利用しなくても、パソコンやスマホを活用する事で、個人間で知り合う事が出来、オナ電を楽しむ事が出来るからです。
出会い系サイトを利用して、オナ電をしたい人同士が集まり、LINEの通話を利用すればオナ電をするのにお金が一切かかりません。

だからこそ手軽に楽しむ事が出来るようになったと言えるでしょう。
また現代社会の方が昔と比べて性に奔放な人が増えました。
その結果セフレなど、不特定多数の相手とセックスをする人も少なからず存在しています。
なので本来であれば、オナ電よりもセフレを作ってリアルなセックスをした方が気持ちよくなれます。

ですがセフレを作ると相手が不特定多数の人とセックスをして性病に感染しているリスクもある訳です。
そう考えた時に、セックスをするのが怖いと思う人もいるでしょう。
その点オナ電であれば、どれだけしても性病に感染するリスクはゼロです。
しかも自宅で匿名性も守られているので安全です。

安全で気持ちよくなりたいという人にオナ電はオススメだと言えます。